日本の有効求人倍率の変遷について

有効求人倍率と就職

新卒の就職活動や転職活動をするときに注目しなければいけない情報が有効求人倍率です。この求人倍率は、一定時点での経済の状況を示す数値になっています。この倍率は、仕事を探している人一人当たりに対して何件の求人があるかを示した割合です。この割合の数値が大きければ大きいほど働く仕事が多いことになります。それは企業が人手不足となっているため公共職業安定所に募集をする求人情報との割合で求められます。また、この数値が大きければ大きいほど人手不足となっている売り手市場となり、経済が活性化していることになります。そのためこの数値はその時の経済と密接な関係があり経済に左右される数値です。

日本の有効求人倍率の変遷についても経済に左右される数値が反映されています。景気の良い時は求人募集が多く働くことを希望する人が職業を自由に選べるほど有利な活動ができます。しかし、景気の悪い時は求人募集が少なく大変困難な活動をしなければいけません。この数値を分析することでどのような就職活動や転職活動をしなければいけないか分かってくることになります。この数値の割合については民間の求人情報については反映されていないため、実際の有効求人倍率とは異なることになりますが、転職活動や就職活動に役立つ数値として何ら変わりがありません。この数値を参考にして活動をすることが可能です。そこで次のページから日本の有効求人倍率の変遷について説明させていただきます。


■求人募集に関するおすすめサイト■
有効求人倍率が高いということは、求職者側は大量の求人情報から探すことになります。ですので、求人募集をするときは情報量の多さが大切です。求人サイト「バイトル」は、料金プランに関係なく、十分な文字数の情報掲載ができます → バイトル 料金